バルクオムはアトピーでも使って大丈夫?

乳液の中身を手のひらに出してみた

アトピーに悩む人が増えています。
アトピーの人にバルクオムが使えるかと言うと問題ありません
ただ、バルクオムはアトピーの治療薬ではないので治るとは期待しないでください。
もう少し詳しく解説していきますね。

スキンケア製品はアトピー治療薬になり得ない

スキンケア製品はアトピー治療薬になり得ません
これは洗顔料・化粧水・乳液・美容液を始めとした、全てのどこのメーカーのスキンケア商品でも同じです。

なぜなら、薬事法によって化粧品に治療薬のような効果を持たせることは禁止されているからです。

ただ、スキンケア商品を使うと肌の角質層が保湿されます。
バリア機能(肌を乾燥や外部の刺激から守る機能)が高めることは大切なので、スキンケアはやったほうがいいでしょう。

スキンケア商品選びで重要なのは、肌に与える刺激の大きさ

アトピー肌のスキンケア商品選びで大切なのは肌に与える刺激の大きさです。

洗顔料・化粧水・乳液には様々な成分が含まれています。
中には、普通肌の人は問題なく使えるけど敏感肌やアトピー肌の人にとっては刺激になる可能性のある成分もあります。

たとえば、エタノールというよく化粧水に配合される成分があります。
これはあなたもご存知であるアルコールの一種で「揮発性」という性質を持ちます。

「揮発性」がある成分は私たちが生活している日常的な温度でも蒸発してしまいます。
そして、エタノールが蒸発するときは熱と周りの水分を巻き込んで一緒に蒸発します。

だからアルコール消毒するとスーッとした感覚があるんですね。
普通の人にとっては問題なくとも、敏感肌やアトピー肌の人にとってはこのエタノールの蒸発も刺激になることがあります。

さらに、蒸発するときに近くにある水分を巻き込むので肌が乾燥しやすくなります。

少し話がずれましたが、アトピー肌の人がスキンケア商品を選ぶときはこうした肌への刺激が少ない成分を選んだ方がいいのです。

肌に刺激が大きい成分の代表は合成界面活性剤

化粧品に使われる成分は何百種類もあるので全てはチェックできないと思います。
そこで、特に注意しておきたい成分として「合成界面活性剤」をあげておきます。

合成界面活性剤は水と油のどちらとも馴染む性質を持つ成分です。
そして、アミノ酸系界面活性剤など一部を除いて皮脂の洗浄力が肌にとって強すぎる傾向があります。

皮脂を洗い流しすぎると、肌が乾燥しやすくなりニキビや毛穴の角栓が大きくなる・毛穴が開くなど様々な肌トラブルを起こしやすくなります。

そのため、合成界面活性剤が含まれているスキンケア商品は避けるようにしてください。

バルクオムは合成界面活性剤を使っていない

バルクオムは合成界面活性剤を使用しておらず低刺激です。
他のスキンケア商品に比べて肌トラブルが悪化する心配は少ないでしょう。

また、前述したエタノールも「ザ トナー(化粧水)」「ザ ローション(乳液)」に含まれてはいますが成分一覧の後ろから数えた方が早い位置なので配合量はごく微量です。
(※ 薬事法で定められているので、化粧品には全成分を配合量の多い順で表記してあります)

特に、メンズスキンケア商品で合成界面活性剤を使っていない製品はほとんどありません。

敏感肌・アトピー肌の方でも安心して使える可能性は高いです。

2016年3月4日 バルクオムはアトピーでも使って大丈夫? はコメントを受け付けていません。 バルクオム