【敏感肌向け】バルクオムは合成界面活性剤を使っていない!

スターターキット洗顔料を指に乗せた写真

バルクオムがどんな人向けかと言うと、第一に敏感肌向けだと思います。
というのも、多くの洗顔料に入っている合成界面活性剤という成分が入っていないからです。
もう少し詳しく説明させてください。

合成界面活性剤とはなにか

まず、合成界面活性剤とは何か?
簡単に言うと油と水のどちらとも馴染む性質を持つ成分です。

水と油はそのままでは混じり合いませんよね?
たとえば、食器についた油汚れは水だけで洗い流そうとしてもなかなかキレイになりません。

でも、食器洗い洗剤を使えば油汚れも簡単に落ちます。
よくCMでやっていますよね「油汚れにジョイ!」みたいなやつです。

あれは、食器洗い洗剤に含まれている合成界面活性剤が水と油を交じり合わせて一緒に洗い流せるようにしているのです。
水と油のどちらとも馴染むというのは、そういう意味です。

さて、この合成界面活性剤ですが食器洗い洗剤にも使われるように抜群の洗浄力を持ちます。
強力なのはいいのですが、人間の肌にとっては少し強すぎるという側面もあります。

合成界面活性剤が入っているとどうして悪いのか?

人間の肌にとって強すぎるというのはどういうことか?
それは、皮脂を洗い流しすぎてしまうという意味です。

身体にとって皮脂は不要なものではありません。
皮脂には毛穴を雑菌から守る役割などがあります。

その皮脂を洗い流しすぎるとどうなるでしょうか?
身体は皮脂を補うために皮脂の分泌量を増やすのです。

顔がテカテカする脂性肌の原因は、皮脂の洗いすぎなんてこともあります。

また、洗顔後は皮脂が洗い流されているので肌が乾燥しやすい状態にあります。
体質によってはなかなか身体が皮脂の分泌を増やさないので、乾燥肌の原因になることもあります。

もちろん、敏感肌の人にとっては大きな問題です。
洗顔後の肌が乾燥しいやすい状態は無防備です。
もともと肌が敏感な方はすぐに雑菌の影響を受けて、顔が赤みがかったりニキビができたりしてしまうのです。

合成界面活性剤は多くの洗顔料に含まれている

そんな合成界面活性剤ですが、多くの洗顔料に含まれています。
特に男性は女性の2倍以上皮脂が出ると言われているので、合成界面活性剤なしの洗顔料は珍しいくらいです。

もっとも、合成界面活性剤の弊害は敏感肌の方を中心によく知られており、洗顔料選びの判断基準にする方も多いです。
その証拠に女性向けのコスメ・スキンケア商品を扱う大手ネットショップ「@cosme」では「合成界面活性剤なし」のカテゴリーが用意されているくらいです。

バルクオムは合成界面活性剤を使っていない

バルクオムの良いところは、そんな合成界面活性剤が含まれていないところです。
合成界面活性剤の代わりに、クレイミネラルズという特別な土を原料とした球状の成分を使っています。
この球状の成分の表面には、小さな穴が空いておりそれが皮脂を吸着してくれるのです。

洗い過ぎないので敏感肌の人でも安心して使えます。

2016年2月16日 【敏感肌向け】バルクオムは合成界面活性剤を使っていない! はコメントを受け付けていません。 バルクオム